スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心にともる灯り~吉田屋さんの一口羊羹

image3.jpg
グルメ情報担当のアタクシ、、こひめネエさんよ

食いしん坊のS猫なのに出番が来ないわね~とヤキモキしてたのアタクシ。どうも食べ物ネタが多すぎて写真の整理が出来なかったらしいわ。。写真撮る前に食べちゃったのもあるんだ~~なんてぼやいてたわ。
そんな、ガッツリ系S猫がどうしても日記に残したかったのがこの甘味。
日光練羊羹 吉田屋さんの一口羊羹。
一口羊羹

日光練羊羹 吉田屋さん
S猫の父方の菩提寺の寺菓子で、お参りの度に御住職が半紙に包んで持たせてくれるの。
S猫が子供の頃、当時は存命だったばあちゃんと御参りに行ったときも、この羊羹が振舞われたんだって。
周りに塩が薄く引いてある塩羊羹のときもあり、子供の頃から食いしん坊のS猫にとって大きな楽しみだったらしいわ。
「奇をてらわず、控えめでいて本当を守り抜いている昔ながらの逸品」をクラッシックというにょよね。
まさしく、この羊羹は極上のノスタルジーが詰まっているの。
子供の頃は、持って帰ると家族五人で分けて、一口羊羹なのに半口分になったりして不満だったS猫。
大人になり、好きなだけ自分ひとりで食べる事が出来て初めて気が付いたんだって。。
「あのとき、家族と分けた時に食べた羊羹にかなう味はない」
吉田屋さんは、変わらない。変わったのはS猫の気持ち。
一緒に分かち合うということは、幸せが増幅する事なんだ。
キレイ事でなく、これは事実なんだにゃ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SAMAYOI猫

Author:SAMAYOI猫
居住 埼玉県
性別 女性
好物 矢沢永吉さん にゃんこ 甘い物
私(SAMAYOI猫=S猫)の日々の出来事を噂話好きの我が家の6ニャンズが報告します。
カテゴリ欄のメンバー紹介で、個性バリバリの登場猫のキャラをチェックしてみてください。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。