スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブサかわ大伍 成長期   ~S猫家より愛をこめて 感謝のアルバム~

画像 035
 こんばんは~、、噂話の時間 P.M.9はまだ宵の口ですね。。

今夜は、管理人S猫から我が家の末っ子「ブサかわ大伍」の成長期を御届けいたします。

S猫が大伍と出会ったのは、、とある年の4月18日、、雪の朝でした。
4月まで雪が降ったその年は、2月にふらりと5ニャン目のクルミが迷い込んで保護したりでチョイトにぎやかな年だったんです。

そして、、我が家で唯一「誕生日」がわかっている大伍。
その理由は、、出会った雪の朝、胎盤も臍の緒もついた状態だったから。
その日、バラの様子を見に外に出たS猫は只ならぬ赤ちゃん猫の叫び声を聞きます。
少しあるいた民家の庭先に、5ニャン居ました、、雪が降った朝、、カラカラの干草に産み落とされ、、辺りに全く母猫は居ない。。
そして、、なんと生まれたて赤ニャンたちには、、虐待の冷水が浴びせられていました。
見るに耐えない状況、、どうしよう。。ワタシ。。昼間仕事あるし、、乳飲み子なんて育てたことない。。
一瞬の躊躇いのあと、、無意識にまだ動きのあった2ニャンを連れて帰り、タオルにくるんで暖めていました。
震える手で臍の緒切りTママシッターさんに電話をして相談。。
握りこぶしに入ってしまいそうな、冷たく冷え切った小さい身体。。
なんだか、、泣けてきました。

忙しい中、、飛んできてくれたTママさん、、保温と授乳をアドバイス、、本当に忙しい人なんです。
でも、とりあえず育ててみようと、、自らもお仕事をしながら昼間の保育を引き受けてくださいました。
こうして、始まった人工保育。

保護当初は、かわうそと仮名をつけた女の子もいました。
でも3日後、虹の橋のたもとへ旅立ちました。
まだ、目も開いていません。綱渡りのような毎日でした。
1 かわうそとちびた
残ったのは、多分75グラムくらいだったチビチビさん、 当時は仮称で 「チビ太」と呼んでいました。

生後7日で、片目ずつ開きました。下痢をしたり、、体重が増えなかったり、、と心配が尽きず。。
Tママさんの献身的な授乳がこの子の命をつないでいました。
2. ちびた目が開いた
目が開くとヨーダみたいになり、、プサかわの予感が。。

生後1ヶ月、、歯も出てきたので離乳食開始。。ゴハンまみれになったりと結構大変。。
「大伍」と命名。。大伍の伍は、5ニャンと人間の伍。
3.離乳食開始

離乳、トイレトレーニング、、同時に活発さを増す大伍ですが、、初乳を全く飲んでいないので免疫面で不安があります。
我が家の先住猫ズはみなカリシウィルスキャリアで年中クシャミしてます。
まだ小さくワクチンを打てない大伍に少しでも良い環境をとTママさんは仕事場の2階を提供してくださいました。そしてケージを拠点にフリーを満喫。。
4.遊び盛り
毎日、遊ぶ、、遊ぶ、、カリカリもOKとなり。。

二度目のワクチンの後、、先住猫ズと合流しました。
暫くは、でっかい兄ちゃん、姉ちゃんに遠慮してキャットタワーの陰を根城にしていましたが、、
5.ワクチン後
2日後には、リラックスモードに。。

そして、よく食べ・よく遊び・良く寝る。。快食・快眠・快便の果てに。。。。


こんなになっちゃいました~~~

6.ぶさくなりました
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SAMAYOI猫

Author:SAMAYOI猫
居住 埼玉県
性別 女性
好物 矢沢永吉さん にゃんこ 甘い物
私(SAMAYOI猫=S猫)の日々の出来事を噂話好きの我が家の6ニャンズが報告します。
カテゴリ欄のメンバー紹介で、個性バリバリの登場猫のキャラをチェックしてみてください。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。